レーザー脱毛の種類と特徴

レーザー脱毛に使われている機器には種類がいくつかあります。
一番一般的に使われているのが、ダイオードレーザーと呼ばれるタイプです。

照射範囲が広いのが特徴で、限られた時間の中でも、わりと広範囲の施術が可能になります。
肌への負担が少なく、痛みも少ないため人気があります。



基本的には、太い毛から産毛のような細い毛まで脱毛することができますが、あまりにも細かい産毛の場合は、脱毛しきれないケースもあります。



次によく使われているのが、アレキサンドライトレーザーと呼ばれるものです。


このタイプは、ジェルを使用しません。

そのため、ひやっとするのが苦手な方や、アレルギーを持っている方などに人気があります。

黒い色素に強く反応する特徴があり、毛根を破壊する事で脱毛します。
他のレーザー脱毛と比べると、やや痛み感じる人が多いようです。
それに対して、メラニン色素への反応が少ないとされているのが、YAGレーザーです。

メリットとしては、日焼けをしている肌や、肌の色が濃い人でも安心して使えるという事です。



また、濃いムダ毛への効果が優れているので、男性のムダ毛脱毛などにも最適です。敏感肌や肌の弱い人にとって、レーザー脱毛は心配だと思いますが、そういった方にオススメなのが、G-MAXレーザーです。

肌への負担が少ないため、デリケートゾーン付近などの、比較的敏感な部位の脱毛に使われる事が多いです。

肌を冷やしながら脱毛していくのが特徴で、火傷のリスクが下がります。
また、そのおかげで痛みも軽減されています。